郵便局で印刷可能な年賀状の種類はこうやって確認する!

yubinkyoku

老若男女に愛される郵便局の年賀状サービスですが、
写真や挨拶文を印刷してくれるサービスの種類(絵柄等)は以下の2つの方法で確認できます。

・カタログを見る
yu1

郵便局の窓口にありますのでそれをもらってきて見ればOKです。
で、注文する時もそれを窓口の係員さんにお願いします。
アナログですがわかりやすい方法ですよね。

・ネット注文

郵便局でもデジタルにはちゃんと対応しており、以下よりそれが可能です。
⇒年賀状印刷 | 郵便局総合印刷サービス

今の方にはネット注文のほうがいいと思います。
ここで全部の種類を確認可能ですし、何よりも窓口注文よりも5%の割引が効きます!

郵便局の年賀状の問題点

問題とまで言ってしまうとちょっと悪いですが、
今は他でも年賀状印刷サービスがたくさんあるので比較するとそっちが良くない?ってことに気が付きます。

まず料金面。
デザイン数が豊富でその点は素晴らしいですが、安いかというとそうでもないんですね。
まぁ普通って感じです。

そして個人的に残念の極みなのが宛名印刷が有料であること!
基本料金+1枚当たり30円がかかるのでこれがまた高い!

yu2

10枚20枚くらいなら良いんですが、それなりの枚数を用意するなら宛名印刷はやってもらいたくないですか?
そんな時、宛名印刷も無料!ってサービスがあればどうでしょうか?
そっちに行きますよね、普通。。。
今の時代、宛名書きは自分ではやらない!というのがかなり浸透してきてそれが普通になってますし。
⇒字を書くのは好きだけど汚いので宛名書きは無理!

というわけで、上記2点をクリアした年賀状印刷のネット注文がちゃんとありますのでバッチリ紹介しておきたいと思います!!
尚、私のほうでかなり厳選しておりますが、もっと幅広く検討したいという方は別途、年賀状のネット注文比較サイトをご参照くださいませ。

郵便局を凌駕!ぜひとも使ってほしい年賀状印刷サービス

以下、上から順に私のおすすめですのでそのつもりで読んでみてください~。
価格とクオリティのバランスが最高すぎます。
やっぱり民間のほうが企業努力が凄い!って思うかも。

挨拶状ドットコム(宛名印刷無料で安めの価格帯)


年賀状業界は言わずと知れたこのサービス。
引っ越しや結婚報告ハガキでもよくつかわれているんですよ!

年賀状では他社と絶対に被らないデザイン仕入れの体制が出来ており、
個性的でナイスなデザインばかりが揃っています。
でもって料金も安いんですよね。

そして宛名印刷も何枚でも無料でやってくれますし、家にも送料無料で送ってくれます。
一度使ったらきっと来年もリピート間違いなしだと思いますよ~。

ネットスクウェア(とにかく安さ重視型)


とにかく安さを最重視!という方におすすめなのがこちらです。
デザイン数とかはめっちゃ多いわけではないですが、全部が安いのでそれも利用者の満足度も高いです。
できるだけ安く、且つ平均以上のクオリティで・・・という方の希望を満たしてくれますね。

宛名印刷サービスはありませんので手書き、
もしくはご自宅のプリンターに頑張ってもらうしかありません。

尚、うちでも過去にこんな感じで年賀状をここで作ったことがあります。
高級路線では決してありませんが、最初から安さ重視で探していたので十分に満足なクオリティでしたよ!
DSC_0404

ネット印刷24(シャレオツなデザイナーズ系)


この中では最もデザイン力が抜きんでた存在の年賀状業者さんです。
今流行のデザイナーズ系なんですがその割にはかなり安い!!
高いとどうしても注文する気が失せますが、これくらいの価格帯なら家族の写真をキレイに使えるし!ということでアリかなと思ってもらえると思います。

1ランク上の、だれにも負けない年賀状を作りたい方にぴったりです。

最後におまけ

郵便局でも無料のテンプレート、素材等を提供しているサイトがあり、
それが郵便年賀.jpというサイトになります。

当然印刷もやってもられますし、表面だけ作ってあとは自宅でプリントアウト、
ってことも可能なので、できるだけ安く作りたい派の人にはまぁまぁ受けています。

実際に作ってみた時の感想も記事で公開していますんのでどうぞ。
参照:郵便年賀.jpを使えばデザインは無料でけっこう作れる!

ある種、一番今っぽい郵便局の利用方法かもしれませんね!

で更にもう1つお知らせしておきたいのが、
PCでもスマホでもiPhoneでも使えるはがきデザインキッドです。
(要アプリインストール)

デザインの数はそんなに多くはなくシンプル系がメインなんですが、
宛名印刷も管理できたりしますし、何と言っても安価なのがいいですね。
はがきデザインキットで作って印刷は家でする方もいますし(それなら無料)、使い方はいろいろできます。

これについては以下の実例がありますので読んでみてください。
⇒はがきデザインキットでデザインを作り、印刷は家で。こんな年賀状できた。
IMG_1693

公開日:
最終更新日:2017/01/19