はがきデザインキットでデザインを作り、印刷は家で。こんな年賀状できた。

何年も前から「筆まめ」ソフトを使っていましたが、
有料で更新も必要なことから、2年前から郵便局の「はがきデザインキット」を使って自宅のパソコンで製作しています。
去年から干支を使ったデザインをフリーサイトで探して、3から4つほどピックアップして妻とどれにするかを協議して決めています。

ある程度、コメントを書くことができるスペースがあることと、
全体が派手すぎずおとなしすぎない事に注意して選んでいます。

IMG_1693

作った枚数は40枚ほどで、
かかった費用は年賀状代とインク代、失敗した年賀状と合わせて2700円ほどになると思います。

宛名印刷は「はがきデザインキット」で印刷すると、表面の差出人の郵便番号が1㎝ほどずれていたために手動で調整しました。
失敗した年賀状は年明けに郵便局へ持っていって、手数料5円を払って新しいものと交換する予定です。

年賀状はパソコンで手軽にできるために便利ですが、
貰ったときに手書きの文字がひとつもないとなにか味気ない感じがします。
なので何気ない一言でもいいのでヘタな字ですが、必ず一文は手書きで入れるようにしています。
1年に1度しかこの年賀状を通じてしか挨拶できない人もいるので、また来年以降も続ける予定です。

   

 - 年賀状作成に関して